最終更新: 2018年10月22日


各診療科

【消化器科】
金曜日午前

【診療時間】
受付は診療終了時間の15分前までです(予約制ではありません)

AM:9時~12時 9時半~10時(内視鏡・超音波検査のみ/要予約)
PM:14時~17時(内視鏡・超音波検査のみ/要予約)

AM - - - -
内視鏡・エコー)
-
PM - - - - 内視鏡・エコー) 内視鏡・エコー)

午前の受付開始は診療時間の15分前からとなります
午後の受付開始は診療時間の30分前からとなります

消化器科では食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管や、肝臓、胆道、膵臓を主とした消化器疾患を対象に診断と治療を行います。
また、内視鏡は鼻からもできる細径タイプを備え、負担の少ない検査を行なっております。
専門的な検査や入院治療が必要な場合は、大学病院や周辺医療機関へご紹介させていただきます。

○胃炎・胃がん・大腸がんの早期発見・治療を!
近年、日本人に多い慢性胃炎・胃がんの早期発見、そしてその原因となりうるヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の除去を積極的に行っています。
また、現在女性の死亡率第一位でもあり、日本でも年々増加している大腸がんも内視鏡検査で早期発見・早期治療ができます。定期的な内視鏡検査をお勧めしています。

○日吉地区から、ピロリ菌・胃がん撲滅を目指す!>
・尿素呼気試験
ピロリ菌がいるかどうかの尿素呼気試験も行っております。風船の様に袋を膨らませるだけの簡単な検査です。予約は不要ですが、検査当日は食事を摂らずにいらしてください。
保険適応範囲が定められていますのでご注意下さい。内視鏡検査にて胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の診断あり(6ヶ月以内) バリウム検査にて胃潰瘍・十二指腸潰瘍の診断あり(6ヶ月以内)など  該当しない場合は自費となります。

・ABC検診
ピロリ菌の感染の有無と、胃の粘膜の萎縮程度を血液で調べる検査であり、胃がんの危険度を予測できる検診です。予約は不要です。ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

○次のような症状のある方に受診をお勧めいたします
・お腹が痛い、お腹が膨れる、胃のむかつきがある、胸焼けがする
・食物がつかえる、食欲がない、体が黄色くなる
・便秘である、便が白っぽい、下痢が続く、便に血が混じっている など